CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
10月5日  OGIKUBO club Doctor
0

    今夜は自分のソロではなく宮西計三氏のHundred Devilsでのライブ。

    場所は荻窪のOGIKUBO club Doctor。

    共演はKUROPIPE、イギリスはロンドンから無(MU)。

    リハが終わり、店の外でたむろしていると何かの撮影らしく

    少しパンキッシュな若い女を数人の男が写真を撮っている。

    「すみません、そこを少し退いてくれませんか?」と

    男に声を掛けられ、向かいのビルの入り口にしゃがみボーとする。

    また同じ男が「すみません、私こういう者ですが、30分ほど前は何処におられました?」

    私服の刑事だった、、

    先ほどの女がひったくりに被害に会い現場検証中であったらしい。

     

    気を取り直しライブを見る。

    KUROPIPEは混沌とした世界を作り上げている。

    ロンドンからのゲストは静かに荒廃した音を重ねていく。

    メンバーのCéli Leeのドローイングをバックに配し

    流れ出す。

    最後にHundred Devils。

    あまり音楽的ではない部分が多かったかな、、

    年に1回のペースで刊行されている ペキンパー という雑誌にHundred Devilsの

    DVDが添付され2017の1月には刊行されるらしい。

    そして2017年の10月にはロンドンともう一箇所イギリスの何処かで

    ライブの予定が入ってきた。

    自分は飛行機に乗れないので同行しない。

     

    終演後は最終電車ギリギリの時間になり中央線に乗る。

    またまた東中野経由で豊島園の夫妻の部屋に帰る。

     

     

    | - | 12:00 | comments(0) | - |
    10月3日 ZiZi
    0

      この日はインタビューを受けた。

      「夜のミュージシャン(仮)」というインタビュー本が出版される予定。

      (敬称略)AZUMI、光玄、白崎映美、鈴木常吉、ROIKI、他

      という面子が今の所揃っている。

      成増のファミレスで3時間位だったか、結構飲み倒してしまった感のある

      インタビューでした。

      このブログの読者が何人いるかはわからないが、出版されたら案内するので

      是非お買い求めいただきたい!

      Kさんありがとうございました!

       

      いつのまにか成増は熟女系飲み屋が多く有るようになっている。

       

      ZiZiでのライブはレッドポイントブルースバンドのマッキー氏が

      仕切ってくれている。

      ライブ前に激ウマ焼鳥屋へ。

      レバ刺しが激ウマでもあった。

      インタビューアー兼執筆者のK氏も一緒に盛り上がる。

      ライブは少数ながら、いつも通り。

      飲酒が進んだが、昔のように泥酔ライブにはならない。

      マッキー氏とも2曲ほど一緒に演る。

      終了後も飲酒。

       

      車で送って頂いたような気がする、、

      今夜も豊島園のジュテームハウスで就寝させてもらった。

       

       

      | - | 20:13 | comments(2) | - |
      10月2日 giee
      0

        関東ツアー2日目の国分寺。

        前回駅前の激変ぶりに迷ってしまい、店主に迎えに来て

        もらった経緯あり。

        今回は何が何でも自力でたどり着く覚悟だ。

         

        前回よりも全くわからない、、どうなってんねん。

        あぁ、夕暮れが恨めしい、、「ROIKIさん?」眼鏡とマスクで顔を覆った

        女性の声。??、櫻井女史であった。

        まさかの出会いに2人とも驚く。

        そして、、今夜の現場gieeの前まで案内をしていただいた。

        恐縮です。

        きっとまた会えます!

         

        今夜は国分寺のgiee。

        東京で数少ない、、というかこの人しかいない。

        DELTA BLUES弾き語り金田DELTA正人氏と弁ブルース唯一無二のコージー大内氏と

        三人でプチアコギな奴ら。

        まずは金田氏から。

        余裕のステージ、コッテコテ。お客さんも大喜び。

        ああ、やっぱりDELTA系は良い。

        次はコージー大内氏.

        来阪時はよく自分の部屋に宿泊するのだが、今夜はその時に

        1,000円で買っていただいたシャツを着用しての登場。

        演出かと思わせる酩酊具合が実に良い。

        お客さんは大爆笑。

        自分は昨日のダメージから立ち直りいつものようにギョヘーと演る。

        沢山のお客さん、楽しんでもらえたと思います。

         

        来場してくれていた「新橋の新橋の地下深くに潜むブルーズバーでもなく

        ソウルバーでもない、AMERICAN ROOTS MUSIC HEAVEN!!」の店主が

        急遽10月の6日にお店でライブをやらせてくれる事になった。

        (自分のの手配がうまくいかずその日は空いて困っていたのだ。)

        ありがたい!!

         

        中央線沿線好きだ!

         

        今夜も東中野経由で豊島園に向かう。

         

         

         

        | - | 21:20 | comments(0) | - |
        10月1日 バイユーゲイト
        0

          9月30日の夜、AZUMI氏が寺田町のデラビッチでライブがあると聞いた。

          明日からは怒涛の関東ツアーが控えているが、景気付けに店に向かう。

          ちょいと飲酒のつもりが泥酔してしまう。

           

          朝目が覚めたらバスの時刻をとうに過ぎているっがくっくっくっくぅうう、、

          気を取り直しデヴィッドカードにチャージし

          数年ぶりに新幹線で東京へ向かう。

          流れる景色が高速バスのそれとは違い激速で過ぎて行く。

          頭痛がして来た。新幹線は便利だが体も心もバスの方が好きになっていた。

          寝る。

           

          三鷹には完璧な時間に到着。

          店主と十分お話をし、音出しもゆっくりと。

          少し疲れが有るのか怠い、、

          いろんな人が来てくれました。

          ライブ前に喫煙所にてA氏、MOTERU氏と談笑。

          うーん、後悔が少し残る演奏、、

           

          気を取り直して飲酒。

          古くからの友人Kが次回は雑色でライブをやれと言う。

          東京南部でのライブは初めてなので興味が有る旨伝える。

           

          店主に大変感謝しつつ豊島園まで東中野経由で向かう。

           

           

          | - | 21:29 | comments(0) | - |
          9月26日 Chicago Rock
          0

            大阪の定番BLUES処、Chicago Rock。

            いつもと変わらずの19時入り。

            遅い?

            自分は、音量と音質を軽く確認するのが常であり

            確認には5分もあれば十分。

            傾向としてはギターの音を少し大きめに出すのが好きなのです。

            なんやかんや言ってもBLUESは歌です。

            が そこに少しだけ色を添えるのがギターみたいな感じ。

            白黒のイラストが雪が積もって居るかのように見える階段。

            自分のチラシが沢山貼ってくれている。

            どんだけ手間をかけてもらっているのか、、サンキュー!!

             

            いつも来てもらっているKさんが今夜も顔を出してくれた。

            いつも少ないながらお客さんが来てくれる。

            ほんま、ありがとう!

            少しづつ増えていってくれたらと思うてます。

            いつもの赤白セットで始める。

            バビューンッとね。

             

            終了後は店主の塩山さんにレコードをリクエスト。

            この日はアレサの父親とアレサの10代の声が録音された音源。

            うーん、凄い。

            終電にて帰宅。

            9月最後のライブ終了。

             

             

            | - | 14:15 | comments(0) | - |
            << | 2/59PAGES | >>