CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 2月14日 DUTCH | main | 2月21日 堺市立美原文化会館 >>
2月20日 RAIN COAT
0
    2月のレインコート。
    この日も21時過ぎからスタート。
    少しは寒さが緩んでいるとはいえ2月。
    来てくれる人は有り難い。
    昨夜飲み過ぎていたので、カンパリソーダから注文。

    この日は明日のオープニングにやる曲からそのまま演る。

    後半は何時もの選曲。
    前回来てくれた人達と、とりとめも無く喋ったりして進めて行く。

    酒場での演奏はやはり良い。
    緊張感と弛緩が交互にやってくる。
    自分が納得いく演奏は年間数回しか無いがそれは準備がきちんと
    出来ていれば可能と言う訳ではない。
    人は生きているからその日によって体調も、気分もちがう。
    当然演奏も毎回違う。
    良い意味で違わなければいけない。
    お客さんから誉められても決して喜べないのはそういう理由からだ。
    結局自分は自分の為に演奏をしているのだと痛感する事が多々有るが
    客の為に演奏が出来るようになれればもの凄く楽になれるだろう。
    その為には一つの手段として、気の遠くなるほどの練習が必要になる。
    練習すれば巧くはなるが凄くはならないし良くもならない。

    終電前に退散。


     
    | - | 13:22 | comments(2) | - |
    コメント
    激しく同感です!
    りぐるは、おめでたい席に出る時ばあでえいがねえ。
    | ROIKI | 2016/03/10 11:28 AM |
    その日、その瞬間の感情で、、、まんまを伝えるきえいがやないでしょうか?聴かせてもらう側も聴く日によって感じ方が変わります。りぐってない生き方が音と声で表現でき、心に響かせれるって素敵やん!!
    | 素人より | 2016/03/09 10:26 PM |
    コメントする